会社案内

社名

合同会社オーシャンライン

所在地 〒891-9301

鹿児島県大島郡与論町茶花34-4

 電話番号  0997-97-4188
 FAX  0997-97-4188
 E-Mail oki@image.ocn.ne.jp
 代表

 沖 大海

代表挨拶

弊社は2005年、オーシャンマーケットとして創業。与論島民をはじめ毎年来島される観光客の皆様に支えられ、2016年12月1日には与論島の魅力を知って頂きたいと思い、合同会社OceanLineを設立致しました。

 

12年の間にSNS・ブログ等を中心に自己発信出来るメディアや、それらを連携させながら新しい決済方法を導入できるECサイト、最近ではブロックチェーンやトークンエコノミーを利用して地域創生再興といったことが、実現出来る社会へと変化しつつあります。

 

世界中の人々が、ドキドキするような価値共有をビジョン化、提示出来れば、与論島という島単体でICOでお金を集め、新しい産業を作ることも考えられます。

トークンエコノミーはネットワーク上に完結した経済圏が作れるため、与論島だけで独自の経済圏を作ることも可能です。

今、島で発行され使われているヨロン銀行券が世界中で換金、使用可能になると考えれば分かりやすいかもしれません。

これから社会は、非中央集権、分散化が進み、経済は資本主義から価値主義へ。そして企業から個人が力を持つ時代へと進化するのです。

 

琉球文化と薩摩文化の融合地点として、独特な文化が形成された与論島には、、本当に魅力的な農産物・水産物・そして、エメラルドグリーンに輝くサンゴ礁の海を含めた大自然といった素晴らしい価値に満ちています。

2017年には、与論島を含めた奄美群島は34番目の国立公園として、奄美群島国立公園に指定されました。ニューツーリズムに適した環境は、新しい体験型・交流型の観光ビジネスモデルとして、これからも成長していくと思います。

 

これからの弊社は、与論島の未来の為に自治体に任せた市場発展ではなく、自ら与論島の魅力や価値を提供、発信していきたいと考えております。

与論島創生・発展の担い手としての自覚を持ち、未来へと繋げる社会的貢献が、私の目標であり使命と考え、これからも努力を続けていきたいと思います。

 

これからも変わらぬご支援のほど宜しくお願い致します。

 

合同会社 OceanLine 代表 沖 大海

アクセスマップ